ホーム > ニュース2011 >コーポレートヘルプデスクサービスについて

コーポレートヘルプデスクサービスについて

2011年04月18日

  • サービス概要

 当社では、企業内ヘルプデスク業務のご提案、ご提供を行っています。

 企業内ヘルプデスクでは、単にトラブルの解決を行うだけではなく、システムの利用者が快適に業務を行える環境を維持、提供する事が求められます。

 例えば、パソコンやアプリケーションの操作に関するお問い合わせの対応をはじめ、各種アカウント管理や、ウィルス感染にも対応できなければなりません。また、ネットワーク障害などに対しては、サーバ維持運用チームとの情報連携により、迅速な障害復旧を支援する必要があります。

 以下、企業内ヘルプデスクの機能についてご説明致します。


  • 企業内ヘルプデスクの機能
一次受けヘルプデスク

 一般的なパソコン操作から、ハードウェアやアプリケーションに関するお問い合わせ、トラブル対応の一次窓口として、ユーザである社員様の総合受付としての機能を持ちます。受け付けられた問い合わせは「インシデント(問合せ)」として管理され、対応の進捗が管理されます。

 一次受ヘルプデスクは、ナレッジ(既存の対応情報)などを基に、あらゆる情報・手段を提供し、ユーザの業務が停滞しないための対応を行います。

一次受けヘルプデスクの機能

   1.インシデント(問い合せ)管理
   2.各種IDやパスワード等のアカウント管理
   3.ナレッジデータベースの管理(FAQ、マニュアル作成
   4.二次受ヘルプデスクへのエスカレーション実施 等

コーポレートヘルプデスクサービスについて

二次受けヘルプデスク

 一次受ヘルプデスクで対応できなかったインシデントの対応を行う他、一次受ヘルプデスクの持つナレッジ情報を基に、トラブルの根本原因を調査すると共に、再発防止の対策、提案を実施します。また、パソコンのキッティングや動作検証、パッチ適応、各種インストール作業を行うなど、技術面でのサポートを行います。

二次受けヘルプデスクの機能

   1.一次受ヘルプデスクからのエスカレーション回答
   2.トラブルの根本原因の解明
   3.トラブル発生防止の提案
   4.パソコンキッティング作業

   5.メーカへの問合せ 等

コーポレートヘルプデスクサービスについて


  • 企業内ヘルプデスクの重要性

 この様に、企業内ヘルプデスクの業務範囲は多岐に渡り、また、企業の業務遂行に関わる重要な位置を占めています。企業によっては、一般的なパソコンのヘルプデスクだけでなく、システムごとに別々のヘルプデスクが存在している場合も多く、システムの利用者であるユーザ側としては、その都度、問合せ先を確認する必要があり、不便が発生します。ヘルプデスク側としても、各ヘルプデスクにて運用方法も違うため、連携不足や効率の悪さが発生してしまいます。

この為、当社ではヘルプデスクの“ワンストップサービス”として、利用システムに関わらず、ユーザがひとつの問合せ先に連絡すれば、すべてそこで受付される、総合受付の機能を持つヘルプデスクのご提案をさせて頂いております。 “ワンストップサービス”では、企業内で発生しているシステム関係の様々な問合せが集約される為、インシデント分析に必要な情報が漏れなく入手可能な他、その情報を基にFAQやWEBマニュアルを作成することで、ユーザ向けの情報提供などを行い、インシデント発生件数の抑制を行います。

また、企業様で独自に開発された、業務系アプリケーションに関してもサポートしており、ヘルプデスクの設計・構築から運用まで、ユーザのための包括的なITサービスをご提供致します。





本件に関するお問い合わせ先

 

株式会社ディーシステム

 東京本社  TEL:03-5462-7251 (平日10:00 ~ 17:00)

 大阪支社  TEL:06-6940-2180 (平日10:00 ~ 17:00)

 名古屋支社 TEL:052-201-7760 (平日10:00 ~ 17:00)

pageTop