ホーム > ニュース2015 > 社内ポータルの充実<Share Point Server2013>

社内ポータルの充実<Share Point Server2013>

2015年05月30日

  • 社内ポータルの役割

 社内ポータルを利用するにあたり、様々な課題や役割が各社に存在しています。 例として以下の点が挙げられるのではないでしょうか。

営業力強化
 営業部隊への情報提供やサポート。
社員満足度向上
 従業員への情報提供充実によって満足度向上や求心力アップ。
生産性向上
 情報アクセサビリティや情報流通経路改善などによる無駄な時間の排除による生産性向上。
コスト削減
 情報アクセサビリティや情報流通経路改善によって、紙、ソフトウェア、配布手段などを削減。

また、上場企業であれば以下の点も考慮すべきでしょう。

投資家の満足度向上
 整理され管理されたイントラネット(社内ポータル)の提供することで株主や投資家への説明責任を果たす。

イントラネット(社内ポータル)を構築する際は先々の事を見越し、 こういった目的に合わせて掲載するコンテンツを選定したり必要に応じて 新たに作成するなどの作業を行うことが必要です。

  • 役割を果たすツールを選ぶ
 Share Point Server 2013の機能により解消する一例を提示します。

ビジネスインテリジェンス
 Share Point Server 2013 が管理するデータをすばやく確実に分析、 活用できるようするための情報可視化機能セットです。 使い慣れた Office のインターフェースから重要なビジネス データにアクセスし、 その他 Share Point が管理する非構造化データやビジネス プロセスとも連携することで、 組織全体で、あらゆるレベルの意思決定の質とスピードが向上します。
 【解消される課題:機能】

・営業力強化:

PowerPivot for Excel、Power View for Excelによる社内データの高速レポーティングを実現

・社員満足度向上:

PerformancePoint Servicesによる複数のデータソースからリアルタイムな KPI を生成し、階層構造のスコアカードを表現

・生産性向上:

PowerPivot for ExcelによりExcelの行数制限をはるかに超えるビッグ データを、すばやく集計することが可能

・投資家の満足度向上:

Business Connectivity Servicesによるデータ構造の隠ぺいや詳細なアクセス権制御の実現


エンタープライズ ソーシャル
 部門や組織、時間の壁を超えたコミュニケーションを促進するための、 コミュニティ生成および組織全体での情報伝達機能セットです。 人のつながりを利用して情報のサイロ化を防ぐことで、 組織内に埋もれがちな現場レベルのさまざまなアイデアを掘り起し、 活発なコミュニケーションを通じて、組織のイノベーションを促進することができます。
 【解消される課題:機能】

・社員満足度向上:

SharePoint や Yammer(SNS)による外出中や移動中のコミュニケーション効率化

・生産性向上:

Office や SharePoint、Yammer(SNS)を組み合わせたチームサイトの利用により最終的なドキュメントまで単一サイト上での管理が可能


エンタープライズ検索
 ユーザーが必要とする情報にすばやく近づくために、 さまざまなシーンで活用される情報発見機能セットです。 FAST Search の高度な検索機能を完全統合し、Share Point 上のコンテンツだけでなく、 ファイル サーバー上のドキュメントやデータベース、外部の Web サイトまで、 あらゆる情報のインデックスを生成し、いつでもすばやく発見できるようにします。
 【解消される課題:機能】

・社員満足度向上:

検索ユーザー インターフェース向上による各自が求める検索結果の出力を実現

・生産性向上:

Out-Of-Box 検索機能による目的の結果への到達スピードアップ


エンタープライズ コンテンツ管理
 情報の安全な管理と柔軟な活用を両立するための情報管理機能セットです。 多様化するデバイスやワークスタイルに対応、必要な情報をすばやく確認できるとともに、 きめ細やかなアクセス制御やライフサイクル管理、保全及び統制機能によって、情報漏えいリスクを最小化します。
 【解消される課題:機能】

・生産性向上:

Excel や Word、PowerPoint ファイルをSharePoint上で管理することによる複数のユーザーと共同編集が可能

・コスト削減:

OneDrive for Business により十分な帯域が確保できない環境などでも、常に最新のコンテンツに対しての作業継続が可能

・投資家の満足度向上:

コンテンツへの保持ポリシー適用、ライフサイクル自動化によるコンプライアンスへの対応を実現


Web コンテンツ管理
 組織内部だけでなく、高度なインターネット Web サイトの構築と運用にも対応する、 コンテンツ発行機能セットです。ステージングやスケジュールといった基本的な管理機能だけでなく、 検索やビジネス インテリジェンス、ソーシャルなどのリッチな活用機能も利用できます。 また豊富なデザインテンプレートが用意され、一般的な Web 編集ツールも利用できるため、画面デザインも簡単に行うことが可能です。
 【解消される課題:機能】

・社員満足度向上:

主要なデスクトップおよびモバイルブラウザーに対応しており、あらゆるデバイスへのリッチなコンテンツを提供可能

・生産性向上:

クロス サイト発行により編集用のオーサリング サイト コレクションと発行サイト コレクションを別々の Web アプリケーションに配置し、検索エンジンによって発行サイト コレクションからオーサリング サイト コレクション上のコンテンツ取得が可能


  • 導入・更新を行う
 Share Point Serverは弊社でも導入・利用しており、 新規導入のみならず、過去のバージョンからの更新やデータ移行、 機能活用についてのノウハウやアイデアが蓄積されております。

イントラネット(社内ポータル)をご利用される際のイメージから最適なものを提案し、 共にサービスを作り上げて行きたいと弊社は考えております。



本件に関するお問い合わせ先

 

株式会社ディーシステム

 東京本社  TEL:03-5462-7251 (平日10:00 ~ 17:00)

 大阪支社  TEL:06-6940-2180 (平日10:00 ~ 17:00)

 名古屋支社 TEL:052-201-7760 (平日10:00 ~ 17:00)

pageTop