ホーム > ニュース2016 >Windows10の新機能

Windows10の新機能

2016年04月15日

  • Windows10のリリースと無償アップグレード

 2015年7月末にWindows10が正式にリリースされました。今後、Windows 7/8.1を利用しているユーザはネットワークを通して、アップグレードを行う形となります。 アップグレードは無償で行われ、2016年7月までが期限となっています。

さて、Windows10の特徴、新機能はどういったものがあるのでしょうか。下記に新機能の一部をご紹介します。


スタートボタンの復活

 Windows10ではスタートボタンが復活しました。Windows7のスタートメニューのように開き、Windows8のタイルスタイルのデザインも含まれる形になっています。このスタートメニューはカスタマイズが可能なので、ユーザ自身のお気に入りの形式に変更することができます。

仮想デスクトップ

 仮想デスクトップ機能とは、擬似的にデスクトップ画面を複数保持して、それを切り替えながら作業が行えるようにするものです。例えば、仕事用のデスクトップとプライベートのデスクトップを同期に起動させ、必要に応じて切り替えながら使用することができます。

Microsoft Edgeの搭載

 Windows10では、標準のブラウザが従来のインターネットエクスプローラーから新規開発となるMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)に切り替わります。 Edgeの最大の特徴は、ユーザーがWebサイトに手書きやメモを残せることです。手書き入力に対応したパソコンが必要ですが、指先やスタイラスペンを使って画面に直接書き込めるほか、任意の場所を指定してキー入力でメモを残すことも可能です。 また、そのWebサイトを共有できるのもポイントのひとつです。「共有」ボタンをクリックすると、リーディングリストやOneNoteなどを通じて他のユーザと共有することが可能です。

Continuumの搭載

 Continuum(コンティニュアム)とは、Windows10はユーザが切り替えを意識しなくても、パソコンはデスクトップモードで動いたり、 タブレットモードに自動的に切り替わったりしてくれる機能のことです。 タブレット型のWindows10パソコンにキーボードやマウス、外部ディスプレイなどを接続すると、 自動的に画面はデスクトップモードに切り替わり、 これらの周辺機器を取り外すと今度はもとのタブレットモードに戻る動作をします。

Windows Helloの搭載

 Windows Helloは、顔認証や指紋認証などの生体認証機能を使用し、パスワードを使うことなく、 Windows10 搭載デバイスへのアクセスを瞬時に行うことができます。 (生体認証には別途デバイスが必要)

 OS移行と言うと、従来のアプリケーションがそのまま利用できるのかという問題のほか、操作環境が変わることによるユーザの負担を考慮しなければならないなど、一気に置き換えることは難しいかもしれませんが、社内で場所を移動
したり、比較的社外への持ち出しが多いタブレット端末から導入を進めていくなど、企業側の負担を抑えつつ、徐々に導入を進めていけるのではないでしょうか。



本件に関するお問い合わせ先

 

株式会社ディーシステム

 東京本社  TEL:03-5462-7251 (平日10:00 ~ 17:00)

 大阪支社  TEL:06-6940-2180 (平日10:00 ~ 17:00)

 名古屋支社 TEL:052-201-7760 (平日10:00 ~ 17:00)

pageTop